• 背景色 
  • 文字サイズ 

議員提出第6号議案

 

 議員提出第6号議案

 

        日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書

 

 上記の議案を別紙のとおり会議規則第14条第1項の規定により提出します。

 

  平成25年6月26日

 

   提出者

 

   大屋俊弘    山根成二    平谷昭

   藤間恵一    白石恵子    福間賢造

   岡本昭二    細田重雄    和田章一郎

   角智子      須山隆      珍部芳裕

   石原真一    足立昭二    岩田浩岳

   尾村利成    萬代弘美    三島治

   嘉本祐一 

 

(別紙)

 

        日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書

 

 日本軍「慰安婦」問題は、女性の人権、人間の尊厳にかかる問題であり、その解決が急がれています。

 この問題について、日本政府は1993年「河野談話」によって「慰安婦」への旧日本軍の関与を認めて、歴史研究、歴史教育によってこの事実を次世代に引き継ぐと表明しました。

 その後、2007年7月には、アメリカ議会下院が「旧日本軍が女性を強制的に性奴隷にした」として、「謝罪」を求める決議を全会一致で採択したのをはじめ、オランダ、カナダ、フィリピン、韓国、EUなどにおいても同様の決議が採択されているところです。

 また、日本政府は、本年5月31日、国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会より、「公人による事実の否定、否定の繰り返しによって、再び被害者に心的外傷を与える意図に反論すること」を求める勧告を受けるなど、国連自由権規約委員会、女性差別撤廃委員会、ILO専門家委員会などの国連機関から、繰り返し「慰安婦」問題の解決を促す勧告を受けてきているところでもあります。

 このような中、日本政府がこの問題に誠実に対応することが、国際社会に対する我が国の責任であり、誠意ある対応となるものと信じます。そこで政府におかれては以下のことを求めます。

                                          記

1 日本政府は「河野談話」を踏まえ、その内容を誠実に実行すること。

2 被害女性とされる方々が二次被害を被ることがないよう努め、その名誉と尊厳を守るべく、真摯な対応を行うこと。

 

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

 

  平成25年 月 日

 

                                                                  島根県議会  

(提出先)

 衆議院議長

 参議院議長

 内閣総理大臣

 外務大臣

 内閣官房長官

 

 

       【平成25年6月26日 原案可決】

 

 



お問い合わせ先

島根県議会

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
0852-22-5356
0852-22-5273
kengikai@pref.shimane.lg.jp