• 背景(はいけい)(いろ) 
  • 文字(もじ)サイズ 

 犬の病気について知る


 (いぬ)病気(びょうき)には、(つぎ)のような伝染(でんせん)(びょう)もあります。これらの病気(びょうき)(ひと)(ほか)動物(どうぶつ)感染(かんせん)させないためにも散歩(さんぽ)()(ふん)後始末(あとしまつ)は、飼い主が責任(せきにん)()って(おこな)いましょう。
 これらの伝染(でんせん)(びょう)は、発病(はつびょう)すると()(いた)()(あい)(おお)いので、予防接種(せっしゅ)(くすり)で予防したほうがよいでしょう。(くわ)しい予防方法(ほうほう)動物(どうぶつ)病院(びょういん)相談(そうだん)しましょう。

病名(びょうめい)

感染(かんせん)する動物(どうぶつ)

症状(しょうじょう)

狂犬病(きょうけんびょう) すべてのホ乳類 よだれ、ふらつき、凶暴(きょうぼう)()
ジステンバー イヌ()、イタチ()のすべての動物(どうぶつ)

高熱(こうねつ)食欲(しょくよく)不振(ふしん)()ヤニ、せき、鼻汁(はなしる)嘔吐(おうと)下痢(げり)(ねば)血便(けつべん)など

パルボウイルス感染(かんせん)(しょう) イヌ

(はげ)しい嘔吐(おうと)下痢(げり)など

レプトスピラ感染(かんせん)(しょう) イヌ、ヒト

高熱(こうねつ)嘔吐(おうと)口内(こうない)(した)のただれ、脱水(だっすい)症状(しょうじょう)黄疸(おうだん)など

(いぬ)アデノウイルス感染(かんせん)(しょう) イヌ、キツネ、オオカミ、アライグマ(とう)

せき、発熱(はつねつ)鼻汁(はなしる)白血球(はっけっきゅう)減少(げんしょう)

(いぬ)パラインフルエンザ イヌ

せき、鼻汁(はなしる)

フィラリア(しょう) イヌ せき、息切(いきぎ)れ、吐血(とけつ)失神(しっしん)血尿(けつにょう)

      狂犬病(きょうけんびょう)やレプトスピラ感染(かんせん)(しょう)動物(どうぶつ)から(ひと)にも感染(かんせん)する病気(びょうき)動物(どうぶつ)由来(ゆらい)感染(かんせん)(しょう))です。中でも狂犬病(きょうけんびょう)症状(しょうじょう)(あらわ)れれば(かなら)()(いた)るため、(ひと)への感染(かんせん)防止(ぼうし)のために(いぬ)の予防注射(ちゅうしゃ)法律(ほうりつ)義務付(ぎむづ)けられています。
 このほかにも、(つぎ)のような感染(かんせん)(しょう)があります。

     ◆トキソプラズマ(しょう) ◆回虫(かいちゅう)(しょう) ◆サルモネラ(しょう) ◆カンピロバクター(しょう) ◆Q(ねつ) ◆パスツレラ(しょう) ◆(いぬ)ブルセラ(しょう)皮膚(ひふ)(びょう) (ほか)
      これらの病気(びょうき)には、(いぬ)(ねこ)感染(かんせん)した場合(ばあい)(なん)症状(しょうじょう)がなくても、(ひと)感染(かんせん)した場合(ばあい)には症状(しょうじょう)(あら)われるものもあるので、注意(ちゅうい)必要(ひつよう)です。

 しかし、ほとんどの病気(びょうき)(ただ)しい知識(ちしき)()ち、予防を(こころ)がければ感染(かんせん)するおそれはありません 。     
  1. 清潔(せいけつ)環境(かんきょう)で飼うこと。
  2. (ふん)便(びん)処理(しょり)(はや)確実(かくじつ)(おこな)うこと(散歩(さんぽ)()も)
  3. かかりつけの動物(どうぶつ)病院(びょういん)()ち、動物(どうぶつ)健康(けんこう)注意(ちゅうい)すること。
  4. 餌の口移(くちうつ)しやスプーンの共用(きょうよう)など、過度(かど)なふれあいはさけること。
  5. 動物(どうぶつ)にさわったら、(かなら)()(あら)うこと。

 

参考(さんこう)ホームページ】

 厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)ホームページ「動物(どうぶつ)由来(ゆらい)感染(かんせん)(しょう)()っていますか?」


問い合わせ先(といあわせさき)

薬事(やくじ)衛生(えいせい)()

〒690-0887 島根(しまね)(けん)松江市(まつえし)殿町(とのまち)128番地(ばんち)県庁(けんちょう)(ひがし)庁舎(ちょうしゃ))
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp