• 背景色 
  • 文字サイズ 

放課後子ども教室について

放課後子どもプラン基本方針

 

 この基本方針は、島根県における「放課後子どもプラン」の基本理念を示すとともに、その実施に当たって、各小学校区毎での検討の場(運営委員会等)における検討のポイントを示すものです。

 

 

1.プランのねらい

 

 子どもは地域の宝です。子どもの健やかな成長は全ての県民の願いです。大人は子どもの素直な好奇心やあふれる笑顔に接することで、日々元気をもらっています。

 

ポイント1

 

 知・徳・体の調和がとれ、社会や人と積極的に関わっていくことができる子どもを育むためには、家庭・学校・地域社会が、相互のしっかりとした信頼関係を築きながら、それぞれの役割と責任を果たしていく必要があります。

 しかしながら、そのような家庭・学校・地域社会の連携協力による良好な教育環境を組み立てることは、現実には容易ではありません。

 

ポイント1

 

 家庭は、子どもに基本的な生活習慣や規範意識などを身につけさせ、心身の調和のとれた発達を促す上で第一義的な責任を負っています。しかし、少子化、核家族化、価値観の多様化、雇用の流動化など社会の大きな変化の中で、教育力の低下が懸念されています。

 また学校は、いじめ、不登校、学力・体力の低下、生活習慣の乱れなど根が深く深刻な教育問題への対応に追われ、子どもや家庭と丹念に向き合う心理的・時間的な余裕を失いつつあるように見受けられます。

 そして地域社会は、かつては濃密な人間関係を背景として日常生活の営みの中に教育力を宿していました。しかし、今やその力を失いつつあり、学校への支援を含め、地域全体で子どもを育む仕組みを意識的に再構築していく必要に迫られています。

 

ポイント1

 

 一方、島根県内では、地域のひと・もの・ことを活用して学ぶ「ふるさと教育」を県内全ての公立小中学校で実施しています。ここでは地域の大人が直接授業に関わり、子どもたちの学びを支えています。

 また、留守家庭の児童に対し毎日の生活の場を提供する「放課後児童クラブ」に加え、地域の大人たちが異年齢の子どもたちに交流・体験の場を提供する「子どもの居場所」の開設も進んできました。

 こうした取り組みを通じて学校と地域社会との距離が縮まり、また地域の大人が子どもの教育に積極的に関与していく気運が高まりつつあります。

 

ポイント1

 

 「放課後子どもプラン」は、このような背景のもと、地域の宝である子どもを地域全体で育むという基本理念に基づき、群れて遊ぶことが少なくゲームやテレビで過ごしがちな子どもに、地域の大人たちの力を結集して放課後や休日を健やかに過ごすことができる環境を保障し、地域での子どもの育ちを支えようとするものです。

 

ポイント1

 

 この取り組みは、地域の教育力を再構築していく具体的なきっかけとなるものであり、できるだけ多くの地域住民が参画し、広く情報を共有することで、大きな推進力にしていくことが望まれます。

 また、学校と地域社会との連携協力や信頼関係の構築に向けて、この取り組みを十分に活かしていく必要もあります。

 さらに、保護者を便利なサービスの利用者の側に留めておくのではなく、例えば地域の様々な行事や活動とつながるきっかけを提供するなど、「放課後子どもプラン」を家庭の教育力の向上に結びつけていくという理念を持つことが重要です。

 

ポイント1

 

 「放課後子どもプラン」は、ふるさとに愛着と誇りを持ち、幅広い交流や多様な体験を通じて自らの可能性を開花させ、社会の一員として自立して生きていくことができる子どもを育むことをめざし、家庭・学校・地域社会の連携協力による社会総がかりの取り組みとして推進するものです。

 

 

2.プランのめざすもの

 

 島根県では、「放課後子どもプラン」を次のように推進することをめざします。

 

  • 社会総がかりで子どもの育ちを支える気運の醸成と仕組みづくりのため、すべての小学校区ごとに地域内の子どもの放課後や休日の過ごし方が検討・対応される場づくりをめざします。

 

  • 国庫補助事業である「放課後子ども教室推進事業(※1)」や「放課後児童健全育成事業(※2)」の推進をはじめ、放課後の子どもたちを対象とした様々な取り組みが、地域の実態に応じて、相互に連携協力しながら総合的・体系的に推進されることをめざします。

 

  • 関係機関が、より連携を強め、取り組みの推進にあたることをめざします。県の関係各課も連携体制を確立し、関連施策の推進をはかります。

 

放課後子ども教室推進事業

 「子どもの居場所」として公民館や学校の余裕教室を活用し、地域の大人がボランティアとして参画し、放課後や週末に子どもたちが体験や交流を行う場として開設されてきたものです。異年齢で自由に遊んだり、文化体験やスポーツを楽しんだり、ものづくりや読書をするなど内容や実施の形態は地域によって様々です。

 

放課後児童健全育成事業

 保護者が労働等により昼間家庭にいない児童(小学校に就学しているおおむね10歳(小学3年生)未満の児童)に対して生活の場を提供するものです。専用のスペースがあり、専任の指導員が配置されています。

 

 

3.プランの進め方

 

 ◇子どもの放課後や休日の地域での過ごし方を検討する場をつくりましょう。

 ◇検討をもとに、地域ごとの子どもたちの生活や活動の形をプランニングしましょう

 ◇プランに沿って地域の実態にあった活動に取り組みましょう。

 

○子どもの過ごし方を考えるエリアは小学校区毎に

○地域の子どもの育ちについて関係者の共通理解やネットワーク化を図る場に

 

 

(1)プラン検討に先立って→既存の取り組みを確認

  • 放課後や休日に安全で安心できる生活の場がありますか。
  • 子ども同士(異年齢)の多様な関わりや子どもが群れて遊ぶ機会がありますか。
  • 子どもの関心や意欲に応じた様々な活動や体験の機会がありますか。
  • スポーツ活動(スポーツ少年団等)や文化活動、子ども会などで日程や参加者が重なったり競合したりしていませんか。
  • たくさんの行事の中で、かえって子どもが多忙になりゆとりが失われていませんか。

 

(2)実態をふまえて→放課後等の生活や活動をプランニング

  • 地域(小学校区)で、放課後や休日の子どもたちが心安らいで過ごせる環境をつくりましょう。
  • そのため、従来のスポーツ活動(スポーツ少年団等)や文化活動、子ども会活動のほか、放課後児童クラブや放課後子ども教室の取り組みなどを地域の実情に応じて柔軟に実施・連携するなどして、それぞれの地域に合った校区毎の「放課後子どもプラン」を検討しましょう。

 

 

☆例えば・・・今の私たちの地域に何が必要か?

 

画像「質問」ニーズに対応した放課後や休日の子どもの生活や活動の場(子どもの居場所など)ができないか?

  • 実施主体はどこがいいのか?
  • ボランティアの確保はどうするのか、だれがボランティアの調整をするのか?
  • 活動の内容や活動場所、活動経費はどうするのか?など

 

 

画像「質問」   地域内の子どもが関わる行事を共同で開催できないか?

  • 自然体験やボランティア活動など、地域の子どもがともに参加できる行事を調整(コーディネート)するには?
  • 参加に当たって子どもへの配慮や支援を要する留意点について、異なる団体がお互いに情報共有する工夫は?
  • 放課後子ども教室の遊びの場に放課後児童クラブの子どもが遊びに来るには?など

 

 

画像「質問」   障害のある子どもや不登校の子どもたちも、ともに地域で活動できる取り組みになっているか?

  • 地域の子どもが参加し、交流するためには、どんなサポートが必要か?
  • 特別な支援が必要な子どもたちの様子やニーズ等を把握しているか?など

 

 

4.プランを推進するためのポイント

 

ポイント1地域の子育て、無理なく無駄なく(現行の仕組みを活用しましょう)

 

  • 地域にある既存の組織や取り組みなどをうまく活用・連携して実施していけばよく、必ずしも新たな取り組みや新たな組織を立ち上げなくてもかまいません。
  • 検討内容は地域の実情に応じて考えられるもので、決まった形はありません。

 

 

ポイント2活動の共有からはじける笑顔(人の関わりという視点をふまえましょう)

 

  • たくさんの大人(ボランティア)が地域の子どもに関わる仕組みをつくりましょう。

 

地域ごとに、子どもに関わる大人(ボランティア)の確保をはかりましょう。

リーダーとなる人材には、専門的な知見も必要であり、研修等の機会も必要です。

 

中学生や高校生などがボランティアとして参画することも検討しましょう。若者の社会参加の機会になるほか、活動による交流の幅も広がります。

 

  • 参加する大人にとっても大きなメリットとなります。

 

子どもに関わるボランティア活動は地域貢献の場ともなり、参加する大人の生涯学習の実践の場ともなります。

 

子どもとの多様なふれあいの中で、子どもから元気をもらうなど、参加した大人の「生き甲斐」や「やり甲斐」につながります。

 

  • 保護者や学校関係者も取り組みに積極的に関わりましょう。

 

保護者は、単に便利なサービスを享受する側に回るのではなく、できるだけ積極的に地域の取り組みに関わっていく姿勢が大切です。

多様な「子育て観」に触れたり、地域における子育て・子育ち支援の取り組みを知ることによって、過剰な負担感から解放されたり、自信を回復するきっかけになることも期待されます。

 

仕事などで留守家庭が増えている点も考慮し、保護者が無理なく地域との接点を持つことができるきっかけを提供することも検討しましょう。

 

学校も、地域のニーズや活動の内容に関心を持ち、家庭や地域とともに子どもを育てていくという視点が求められます。

学校にとっては地域とのつながりを深め、家庭や地域にとっては学校への理解や支援・協力の気持ちを培っていく機会となることが期待されます。

 

 

ポイント3地域全体が子どもの居場所(運営の方法やしくみを工夫しましょう)

 

  • 放課後子どもプランコーディネータ(※3)等を配置し、効果的な活動支援を行いましょう。

 

関係機関間や事業の調整(コーディネート)をしましょう。

コーディネータには連携事業の企画やボランティアの参加調整など中心的な役割が期待されます。

 

放課後子どもプランコーディネータ

 地域の中で取り組まれる放課後子どもプランに関わる事業間の連携や調整を行う担当者で、地域の子どもに関わる取り組みの中心的な役割が期待されます。

 

  • 地域内のニーズを把握してプランを検討しましょう。

 

子どもや保護者、地域のニーズをアンケートや懇談会などを通じ把握しましょう。

 

  • 子どもの安全確保については十分な対応をとりましょう。

 

子どもの活動中及び行き帰りを含めた安全の確保に関わる方策は十分に検討しましょう。

緊急時の訓練などのほか、保護者や地域への活動内容の周知等も効果的です。

 

たくさんの禁止事項は逆に子どもの育ちを狭くします。危険性は取り除いた上で、子どもが自らリスクを判断できるような配慮を検討しましょう。それを見極める大人の力量も必要でしょう。

 

  • 国庫補助事業等を活用しましょう。

 

「放課後子ども教室推進事業」と「放課後児童健全育成事業」の一体的あるいは連携した取り組みにあたっては、単純な一体化・一本化ではなく、それぞれの取り組みの十分な調整のもと、地域の実情やニーズに応じた実施をしましょう。

 

実施場所については、学校の余裕教室・公民館・児童館など、地域の実情に応じて適切な場所で実施されるものです。

 

それぞれの事業は実施要綱に沿って実施されますが、事業目的に照らして適切なサービス水準が維持・確保されるよう配意しましょう。

 

 

見出し遊びの中で子どもは育つ(活動の内容は子どもの成長と深く関わります)

 

  • 子どもの生活実態を踏まえ、心身の健やかな育ちと多様な体験の調和のとれた活動を工夫しましょう。

 

子どもに多様な体験の場を提供することも大切ですが、過剰な活動や過度な干渉がないように配慮しましょう。子どもの居場所にとって「何かをしてもいいし、何もしなくてもいい場・時間」も大切です。

 

異年齢集団での主体的な活動は子ども同士のコミュニケーションの力をのばすよい機会となります。

体を使った外遊びなどは食事や睡眠の充実や安定にもつながり、生活リズムの改善を図ります。

 

放課後等の活動の中に、子どもの様々な学びの場を設ける視点も大切です。地域にある様々な学習素材等も活かしながら内容を検討しましょう。

 

 

見出し島根県の支援

 

  • 島根県は、これらの活動を支援します。
  • 検討の場(運営委員会等)の開催やコーディネータの配置、放課後子ども教室や放課後児童クラブの運営等に要する経費に対し、補助を行います。
  • 事業に関わるコーディネータやボランティアの皆さんの情報交換や研修の機会をもちます。

 

 


お問い合わせ先

社会教育課

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
島根県教育庁社会教育課
TEL  0852-22-5427
FAX  0852-22-6218
Mail  shakaikyoiku@pref.shimane.lg.jp