• 背景色 
  • 文字サイズ 

2015.07.26「出雲国風土記シンポジウム」を東京で開催しました

 

 島根県・島根県教育委員会では、全国で唯一ほぼ完本として伝わる『出雲国風土記』の歴史的な価値と魅力を国民の皆様に理解していただくため、昨年度に引き続き東京でシンポジウムを開催しました。

 「出雲神話の深層」と題して行われたパネルディスカッションでは、『出雲国風土記』『古事記』『日本書紀』という同じ時代に記された三書が、古代出雲をどのように描き出したのかなどについて、各書の専門家が白熱した議論を展開しました。出雲の勢力とヤマト王権の関係はどうだったのかなど、出雲神話が成立した背景に迫る意見が次々に繰り出され、東京・有楽町の会場を訪れた約1,100名の観客は古代出雲の謎に想いをはせながら熱心に耳を傾けていました。

 

出雲国風土記シンポジウム1

 

出雲国風土記シンポジウム2

 

出雲国風土記シンポジウム3

 

 

教育委員会フォトニュースへ

 


お問い合わせ先

島根県教育委員会

このホームページに関するお問い合せは

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
TEL 0852-22-5403
FAX 0852-22-5400
kyousou@pref.shimane.lg.jp