• 背景色 
  • 文字サイズ 

「しまね教育の日を定める条例」の提案理由説明

議員提出第十一号議案「しまね教育の日を定める条例」について、提案理由を御説明申し上げます。

本県の教育はこれまで、地方ならではの地域の教育力、学校教育現場や家庭内における質実な教育指導により実績を上げ、一定の評価を受けてきました。

しかし、その一方で、全国的傾向として、家族と接する時間の減少など家庭環境の変化、社会的な価値観の変化による地域の教育力の低下、学校教育の場におけるいじめや学級崩壊など今日的課題の今後が懸念されており、私たちの住む島根もまた、例外とは言えない状況にあります。

さて、本年四月からは学校五日制並びに新学習指導要領が導入され、本県においても来年度からの三十人学級制の部分的導入が検討されるなど、今、正に国内・県内とも教育の変革期にあると言っても過言ではありません。家庭、地域、学校、行政の教育力一体化と充実を図り、県民総参加型の教育を推進することが求められております。

同時に、五年間に一万人といった人口減少と、若者の流出が続く本県においては、ふるさとを愛し、「島根」に生まれ、「島根」で生きることに誇りを持つ子どもたちを育む「ふるさと教育」の確立が急がれます。

このような状況の下、教育に対する私たち県民の意識を高め、本県教育の充実と発展、更には「ふるさと教育」の確立を目的として、「しまね教育の日」を設け、県下関係機関各位のご意見を聞き他県の実情等を考慮しながら、十一月一日にこれを定める条例案の提案を行うものであります。

島根ならではの自然環境、歴史、文化の中で、子どもたちが健やかに成長し、希望に満ちた未来へと進む。また青少年が「自ら」と地域社会の将来像に夢を持ち、いつまでも消えぬ郷土愛を抱く姿を思い浮かべながら説明を終わります。

議員各位には何とぞ適切な審議と議決を賜りますようお願い申し上げます。


お問い合わせ先

島根県教育委員会

このホームページに関するお問い合せは

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
TEL 0852-22-5403
FAX 0852-22-5400
kyousou@pref.shimane.lg.jp