• 背景色 
  • 文字サイズ 

『ふるさと島根の遺物』貸出します

縄文狩猟セットA 縄文土器セットA 縄文土器セットBの壺 弥生食卓セットA 弥生食卓セットの甕と壺

 縄文狩猟セットA  縄文土器セットB  縄文土器セットBの壺  弥生食卓セットA  弥生食卓セットAの甕と壺

 

教材としての遺物貸出事業

 埋蔵文化財調査センターで保管している遺跡から出土した土器や石器などを、学校等へ貸し出して、地域の歴史や文化財を学ぶための教材として活用していただくことを目的としています。

 

貸出対象者

 島根県内所在の学校教育機関、社会教育・生涯学習を目的とする公共機関

 

申し込み方法

 事前にご連絡をいただき、お申し込みください。

 要項PDFイメージ

 申請書(様式)ワードイメージ

 

貸出期間と貸出・返却方法

 期間は貸出日から2週間以内を原則とし、貸出・返却は当センターにおいて直接受け渡しをします。

 

貸出対象となる文化財

 貸出対象は下表に示した貸出用の遺物セットで、セット単位での貸し出しとなります(複数可)。

 

【ふるさと島根の遺物貸出セット一覧表】

貸出

状況

セット

名称

セット
番号

時代

遺物名・数量

概要

縄文狩猟

セットA

1 縄文

石器
・石槍(イシヤリ)1

・石鏃(セキゾク)6

・石錘(セキスイ)4

 狩猟に使われていた石器です。

 石槍と石鏃(やじり)は狩猟に、石錘は網のおもりとして、漁労に使われていました。

 石鏃は隠岐の島産の黒曜石で作られています。

縄文狩猟

セットB

2 縄文

石器

・石鏃(セキゾク)7

 狩猟に使われていた石器です。

石鏃(やじり)は、隠岐の島産の黒曜石で作られています。

縄文狩猟

セットC

3 縄文

石器

・石鏃(セキゾク)7

 狩猟に使われていたやじりです。薄く割られた安山岩で作られています。

縄文採集

セットA

4 縄文

石器
・石斧(セキフ)4

・凹石(クボミイシ)1

・磨石(スリイシ)1

 木を切り倒す「石斧」、クルミ等を割るための台である「凹石」とすりつぶす「磨石」です。

縄文採集

セットB

5 縄文

石器
・石斧(セキフ)4

・凹石(クボミイシ)1

・叩き石(タタキイシ)1

 木を切り倒す「石斧」、クルミ等を割るための台である「凹石」と、たたく「叩き石」です。

縄文土器

セットA

6 縄文

縄文土器

・深鉢(フカバチ) 1 2

浅鉢(アサバチ)1

 大きな鉢の穴は紐でぶら下げたり、蓋をつけるためです。

 浅い鉢は盛りつけ用で、模様はありませんが、表面をきれいに磨いています。

縄文土器

セットB

7 縄文

縄文土器
・深鉢(フカバチ)破片 1 2

壺(ツボ)1

 2つの破片は大きな煮炊き用の器で、小さな土器は盛りつけ用の器です。3つとも縄目模様が表面にあります。

縄文土器

セットC

8 縄文

縄文土器
・深鉢(フカバチ) 1 2

深鉢(フカバチ)破片1

 煮炊きする器にも模様があるものと、ないものがあります。

縄文土器

セットD

9 縄文 縄文土器
縄文土器破片9
 煮炊きする土器の外面に縄目模様をつけています。溝も模様になっています。

縄文土器

セットE

10 縄文 縄文土器
縄文土器破片13
 煮炊きする土器の外面に縄をころがして縄目模様をつけています。溝も模様になっています。

縄文土器

セットF

11 縄文 縄文土器
縄文土器破片5
 煮炊きする土器の外面に縄をころがして縄目模様をつけています。溝も模様になっています。

弥生食卓

セットA

12 弥生

弥生土器
壺(ツボ)1

甕(カメ)1

高坏(タカツキ)1

 食事の時に使われた土器です。

 壺は容器で、甕は煮炊き、高坏は盛りつけ用です。

 甕の表面の黒ずみは火によって着いたススです。

弥生食卓

セットB

13 弥生

弥生土器
甕(カメ)1

高坏(タカツキ)1

器台(キダイ)1

 甕は煮炊き用、高坏は盛りつけ用です。器台は壺を上にのせる台です。

弥生食卓

セットC

14 弥生

弥生土器
甕(カメ)1

壺(ツボ)1

高坏(タカツキ)1

 食事の時に使われた土器です。

 壺は容器で、甕は煮炊き、高坏は盛りつけ用です。

 甕の表面の黒ずみは火によって着いたススです。

弥生稲作

セットA

15 弥生

石器
・石包丁(イシボウチョウ)2

・石鎌(イシガマ)1

 稲の穂を刈る石包丁の破片と、稲を下から刈り取る石の鎌です。穴が開いているのがわかります。

弥生稲作

セットB

16 弥生

石器

・石包丁(イシボウチョウ)2

 稲の穂を刈る石包丁の破片です。穴が開いているのがわかります。

 

貸出遺物を使った授業実践例


お問い合わせ先

埋蔵文化財調査センター

〒690-0131 島根県松江市打出町33番地
【電話】0852-36-8608
【FAX】0852-36-8025
【Eメール】maibun@pref.shimane.lg.jp