• 背景色 
  • 文字サイズ 

食料や農業の現状を考えてみよう!

1.日本では食料の多くを外国からの輸入に頼っているんだよ!

グラフ日本の中でつくっている食料は、私たちが食べているもののうち40%しかありません(食糧自給率40%[カロリーベース])。逆に言うと、60%の食べ物を外国に頼っています。

 外国に頼ってばかりでいいのかなぁ

2.世界の人口が増加しているから、今までより食料がたくさん必要なんだ!

世界の人口は増えていくよ

3.穀物から燃料を作る技術が進み、世界で必要な食料は今より増えるよ。

穀物などから作られる主な燃料としてエタノールがあります。

2006年の世界のエタノール生産量は2000年のおよそ1.7倍に増えていて、このほとんどが「とうもろこし」や「さとうきび」などを原料に作られています。

 世界のエタノール生産量の推移

エタノール生産量

4.食料をつくる農地を増やすことは難しいんだ!

世界的にみると、砂漠化などの環境問題があるので農地を増やすことが難しくなっています。これまで、かんがい施設の整備や技術進歩(肥料や農薬、品種改良など)によって同じ面積からたくさん作物がとれるようになっていましたが、最近は伸び悩んでいます。また、人口の増加とともに一人当たりの農地の面積が減少しています。

農地面積と収量の推移

コメント

次は農業や農村の持ついろいろな機能について見てみよう!

アクセスカウンターアクセスカウンタ


お問い合わせ先

農村整備課

島根県農林水産部 農村整備課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話 0852-22-5151
FAX 0852-31-6274
nouson@pref.shimane.lg.jp