• 背景色 
  • 文字サイズ 

ようこそ中央児童相談所へ

児童相談所とは?

 子ども(18歳未満)を取り巻くあらゆる相談に応じ、より適切な子どもの福祉を支援する機関です。相談の秘密は必ず守りますし、もちろん無料です。

 また、大人だけでなく、子ども自身も自分のことや家族のことなどについて、悩みを相談することができます。

 中央児童相談所は、松江市、安来市、隠岐郡にお住まいの方の相談に応じています。

 

 ●青少年家庭課作成のページもご覧ください。

 

例えばこんな相談をお受けします

 ●発達や発育について

 「言葉が遅い」「体の不自由など発達に不安がある」「障がい児の福祉サービスを受けたい」など

 

 ●性格や行動、しつけについて

 「学校や保育園へ行けなくて困っている」「落ち着きがない」「友達と遊べない」「いじめがある」など

 

 ●養育について

 「親の病気や出産などで子どもを育てるのが難しい」「経済的に厳しく子どもが養育できない」「里親として子どもを育てたい」など

 

 ●非行について

 「盗みや金銭の持ち出し」「家出を繰り返す」「暴力をふるう」など

 

 ●児童虐待について

 「近所で子どもが虐待されている」「子どもが不適切な環境にいる」など

 

 ●子ども自身の悩みについて

 「学校でいじめを受けて困っている」「両親から毎日のようにひどく叩かれてつらい」など

 

どのようにして相談をすすめるのですか?

  • 一人で悩まず、まずはお気軽に電話をおかけください。(匿名での相談も可能です。メールでの相談は受け付けておりません。)
  • ゆっくりお話をお聞きするため、できるだけ電話で予約をした後、来所してご相談ください。
  • 保護者や関係者のみでの相談もできます。
  • 専門のスタッフがチームを組み、相談者と共に考え、相談内容に応じた助言、指導をします。スタッフには、児童福祉司、児童心理司、相談員などがいます。このほか、弁護士、医師も必要に応じて対応します。
  • 相談のほか、学校や地域との調整をはかったり、心理療法を行う場合もあります。
  • 相談の結果、必要に応じて子どもさんを一時保護所でお預かりしたり、児童福祉施設への入所や里親委託を行います。

 

(相談時間)

  • 午前8時30分から午後5時15分
  • 土曜日、日曜日、祝日、12月29日から1月3日は休みです。

 

中央児童相談所の施設・活動紹介

 児童相談所では、「児童相談所の業務」、「地域における児童への関わり」、「里親制度」などに関する出前講座や講演なども実施しています。

また、里親会と協力し里子養育経験者による「養育体験発表」も行っております。

 派遣経費は無料です。所要時間についてはご相談に応じます。研修会等に是非ご利用ください。

 ・組織

 ・児童相談所施設紹介

 ・里親制度とは

 ・里親になりませんか(リーフレット)

 ・里親制度に関するよくある質問Q&A

 

他機関リンク集

アクセス(中央児童相談所)

交通機関

 <松江市営バス(外部サイト)一畑バス(外部サイト)

 大学・川津、美保関方面行き「川津(西川津)」バス停下車、徒歩10分

 

 <松江市営バス(外部サイト)

 あじさい団地方面行き「国際交流会館前」バス停下車、徒歩1分

 

 <タクシー>

 松江駅より所要時間約10分

 

マップ(中央児童相談所)

連絡先

 ◯中央児童相談所(松江市・安来市)

 〒690-0823

 島根県松江市西川津町3090-1

 電話:0852-21-3168(代表)

 FAX:0852-21-3163

 E-mail:tyuojiso@pref.shimane.lg.jp

 

 〇中央児童相談所隠岐相談室(隠岐郡)

 〒685-8601

 島根県隠岐郡隠岐の島町港町塩口24

 電話:08512-2-9706(代表)

08512-2-9810(相談専用)

 FAX:08512-2-9718

 

 


お問い合わせ先

中央児童相談所