• 背景色 
  • 文字サイズ 

よくある相談と手続きについて(浜田保健所)

 ここでは、営業者の方やこれから営業を始めようとお考えの方からよくある問い合わせについて掲載しています。

 

1.自宅を利用した営業について

Q.1

自宅を改築して飲食店(食堂、カフェなど)をやりたいのですが、どのような手続きが必要ですか。

 

(回答)
  1. 飲食店営業(一般食堂)の許可が必要です。
  2. 自宅の台所とは別に営業専用の調理室や客席などが必要です。

 


Q.2

自宅を改装して菓子(パン、ケーキなど)を製造・販売したいのですが、どのような手続きが必要ですか。

 

(回答)
  1. 菓子製造業の許可が必要です。
  2. 自宅の台所とは別に営業専用の製造室などが必要です。

 


Q.3

自宅を改装して弁当・そうざいの対面販売の店をやりたいのですが、どのような手続きが必要ですか。

 

(回答)
  1. 飲食店営業(弁当屋、そうざい)の許可が必要です。
  2. 自宅の台所とは別に営業専用の調理室や販売場所などが必要です。
  3. 弁当以外に調理したそうざい(ご飯の副食)を他の施設に卸す場合は、飲食店営業の許可とは別にそうざい製造業の許可も必要です。

 


Q.4

自宅で作っている野菜を販売してもよいですか。

 

(回答)
  1. 青果(野菜や果物)の販売については営業許可は不要ですので、自宅で栽培、収穫した青果は保健所への手続きをしなくても、販売したり、産直市やスーパーなどに出荷できます。(産直市やスーパーなどに出荷する場合は出荷先のルールや決まりに従ってください。)
  2. なお、青果を販売する場合、食品表示法に基づく名称と原産地表示(例:「たまねぎ(島根県産)」など)が必要になります。

 


Q.5

自分で採取した海産物(鮮魚、貝類、海藻など)を販売してもよいですか。

 

(回答)
  1. 海産物のうち、鮮魚については魚介類販売業の許可が必要です。施設基準に適合した営業専用の施設が必要です。
  2. 貝類については生きているもの(生シジミや海水中で蓄養しているアワビなど)を販売する場合、営業許可は不要ですが、それ以外のもの(冷凍した貝類など)は魚介類販売業の許可が必要です。
  3. 海藻類の販売は許可不要ですが、海藻を使って加工食品を製造する場合は営業許可が必要になることがあります。
  4. 海産物の販売にあたっては、許可が必要か不要かに関わらず食品表示法に基づく表示が必要です。

 


Q.6

自宅で作っている加工食品(魚介類干物、ジャム、ドライフルーツ、その他食品)を産直市などに出荷して販売してもよいですか。

 

(回答)
  1. 営業許可の必要ない食品(例えば、魚介類干物、ジャム、ドライフルーツなど)であれば、自宅で製造したものでも出荷、販売できます。また、出荷、販売する場合は食品表示法に基づく表示が必要です。
  2. 製造するのに営業許可が必要な食品(菓子、そうざい、ソース類など)については自宅で製造したものを販売、出荷することはできません。
  3. 営業許可が必要な食品、不要な食品にはどんなものがあるか、保健所にお問い合わせいただくほか、こちらを参考にしてください。

 

 

2.今行っている営業に別の営業許可を追加したい場合

Q.7

飲食店を営業していますが、店内の厨房で調理したそうざいや弁当(調理パンも含む)を来店客に販売できますか。

 

(回答)
  1. 直接、来店客に対面販売するのであれば、現在お持ちの飲食店営業の許可で行うことができます。
  2. 営業許可の種目に「そうざい」、「弁当屋」などを追加する手続き(営業許可申請事項変更届)が必要です。
  3. 一度に20食以上の盛り合わせ・詰め合わせを行う場合、調理室内に盛り付け作業専用の場所(広めの作業台など)が必要です。

 


Q.8

飲食店を営業していますが、店内の厨房で調理したケーキやクッキー、パンなどの菓子を来店客に販売できますか。

 

(回答)
  1. 現在お持ちの飲食店営業許可とは別に、新たに菓子製造業の許可が必要です。
  2. 菓子製造業の許可を取得するには、原則として、飲食店営業の調理室とは別に菓子の製造室を設ける必要があります。

 


Q.9

菓子製造業の許可をもっていてケーキ店やパン屋を営業していますが、店内でイートインができるようにするにはどのような手続きが必要ですか。

 

(回答)
  1. 客に飲食させるために客席やメニュー表を設け、客からの注文に応じて飲食物の提供を行うのであれば、飲食店営業又は喫茶店営業の許可が必要です。現在お持ちの菓子製造業許可とは別に、新たに飲食店営業又は喫茶店営業の許可申請を行う必要があります。
  2. 飲食店営業の許可を取得するには、原則として、菓子製造業の製造室とは別に飲食店営業の調理室を設ける必要があります。
  3. なお、店内に「休憩」や「待合」などの目的で設けられた机や椅子において、客が自由意思により店内で購入したパンやケーキを喫食した場合、それは飲食店営業又は喫茶店営業には該当しません。(ただし、営業者が客に飲み物の提供を行ったり、ドリンクのメニュー表が設けてある場合などは、飲食店営業と見なされます。)

 


Q.10

菓子製造業の許可をもっていて菓子パンの製造、販売を行っています。新しくサンドイッチ(調理パン)の製造も行いたいのですが、どのような手続きが必要ですか。

 

(回答)
  1. 現在お持ちの菓子製造業許可とは別に、新たに飲食店営業(弁当屋)の許可が必要です。
  2. 飲食店営業の許可を取得するには、原則として、菓子製造業の製造室とは別室にサンドイッチ(調理パン)専用の調理室を設ける必要があります。

 

 

3.自動車、露店による営業について

Q.11

自動車を使って食品の移動販売をしたいのですが、どのような手続きが必要ですか。

 

(回答)
  1. 自動車は「特殊営業施設」に該当します。詳しくはこちらの「B.一般営業施設と特殊営業施設について」を参照してください。また、自動車で取り扱える品目についてはQ.13を参照してください。
  2. 食品の調理を伴う場合は飲食店営業(営業自動車)又は喫茶店営業(営業自動車)の許可が必要です。なお、調理する食品が菓子であれば菓子製造業(営業自動車)の許可が必要です。
  3. 精肉(包装食肉に限る)、鮮魚介類(丸太の鮮魚など、調理行為を行わないものに限る)、乳類(牛乳や乳飲料)の移動販売を行う場合はそれぞれ食肉販売業、魚介類販売業、乳類販売業が必要です。

 


Q.12

自動車を使った食品の営業には全て許可が必要ですか。

 

(回答)
  1. 精肉、鮮魚介類、乳類を取り扱う場合であっても、販売店などが注文相手の客にこれらを配達する行為については移動販売に該当しないため、営業許可は不要です。
  2. 食品の調理を行わず、許可業者が製造した既製品の弁当や菓子、そうざいなどを販売するだけの場合も営業許可は不要です。

 


Q.13

自動車や露店で食品の調理を行う場合、取り扱える品目(メニュー)に制限はありますか。

 

(回答)
  1. 自動車や露店ではきわめて簡易な設備を用いた調理となりますので、工程の簡易な加熱処理が行われるもののみとなります。
  2. 複雑な調理を伴うもの(弁当類の製造や、生肉・生魚の下処理)や、加熱処理の行われないもの(おにぎり、サラダ、サンドイッチや寿しなどの生ものの製造)は原則としてできません。
  3. 自動車や露店で取り扱うメニューは原則として1品目です。(調理工程が似ているものであれば複数品目の取扱いも可能です)

 

4.イベントや催事での食品の販売や提供について

Q.14

イベントや催事で食品を販売・提供したいのですが、どのような手続きが必要ですか。

 

(回答)
  1. イベントなどでの食品の出店に関しては、(1)イベントの開催そのものに営業許可が必要、となる場合と、(2)イベントに参加する個々の出店者に営業許可が必要、という2つのケースがあります。

  2. 開催するイベント自体に営業許可が必要かどうかについてはこちらを参照していただくほか、事前に余裕をもって管轄の保健所にお問い合わせください。

  3. なお、食品営業者が主催となって営利・商売目的で行うイベントは形態や名称に関係なく営業許可が必要です。

 


Q.15

イベントで食品の出店をしてほしいと頼まれたのですが、営業許可は必要ですか。

 

(回答)
  1. イベントに出店する個々の出店者に営業許可が必要かどうかについては、出店者に営利や商売の目的、意思があるかどうかや、その出店者のイベント等への出店頻度などを考慮して個別に判断します。

  2. 例えば主催者の依頼に応じて屋台などを出店する場合、主催者の指示に基づき、さらに主催者の指揮の下で調理を行う場合は調理技術の提供として取り扱い、保健所への許可申請手続きは不要です。

  3. なお、主催者の依頼や了解を受けること無く、自らの自由意思のみに基づいて営利目的で食品の出店を行った場合は営業行為と見なされ、食品の営業許可が必要となります。

 


Q.16

ふだんは食堂を営業していますが、イベントで食品屋台の出店をすることになりました。屋台(露店営業)の営業許可は必要ですか。

 

(回答)
  1. 主催者の依頼に応じて屋台などを出店する場合、主催者の指示に基づき、さらに主催者の指揮の下で調理を行う場合は調理技術の提供として取り扱い、保健所への許可申請手続きは不要です。

  2. なお、主催者の依頼や了解を受けること無く、自らの自由意思のみに基づいて営利目的で食品の出店を行う場合、露店の営業許可を取得してください。

 

 


お問い合わせ先

浜田保健所

〒697-0041 島根県浜田市片庭町254
電話:0855-29-5537(代表)
FAX:0855-22-7009(総務保健部)/ 0855-29-5562(環境衛生部)
hamada-hc◇pref.shimane.lg.jp (◇を@にしてください)