• 背景色 
  • 文字サイズ 

武器等製造法について

法律の概要

 武器の製造の事業の事業活動を調整することによつて、国民経済の健全な運行に寄与するとともに、武器及び猟銃等の製造、販売その他の取扱いを規制することによって、公共の安全を確保することを目的として定められています。

武器等製造法の主な規制

武器等製造法の主な規制
区分 許可等の種別 許可権者
武器

製造

  • 製造の許可【5条】
  • 種類の変更許可【8条】
  • 工場等移転の許可【12条】
  • 廃止の届出【13条】
経済産業大臣(中国経済産業局)
譲渡し、製造の請負い等の契約 契約の届出【16条】
猟銃等

製造

製造の許可【17条】

島根県知事(消防総務課)

販売 販売の許可【18条】
種類の変更 種類の変更【20条】
工場等の移転 工場等の移転【20条】

 

用語の解説

武器

  • 銃砲

 産業、娯楽、スポーツ又は救命の用に供するものを除く。

  • 銃砲弾

 銃砲用のものをいい、発光又は発煙のために使用されるものを含む。

  • 爆発物

 破壊、燃焼若しくは殺傷又は発光若しくは発煙のために使用され、且つ、信管により作用する物であって、産業、娯楽、スポーツ又は救命の用に

 供するもの以外のものをいい、銃砲弾及び対人地雷の製造の禁止及び所持の規制等に関する法律(平成10年法律第116号)第2条に規定する

 対人地雷を除く。

  • ロケツト弾発射機爆雷投射機魚雷発射管爆弾投下器

 銃剣、火えん発射機、銃砲をとう載する構造を有する装甲車両であって、無限軌道装置により走行するもの

  • 銃砲の部品

 銃身、銃架(脚のみのものを除く。)、銃身、砲架

  • 銃砲弾の部品

 銃弾の弾丸、火薬類が入っていない信管、砲弾の弾体、薬きょう

  • 爆発物の部品

 火薬類が入っていない信管、ロケット弾の弾体、手りゅう弾の弾体、地雷の外殻、爆雷の外殻、機雷の本体の外殻、魚雷の気室、爆弾の弾体

猟銃等

  • 猟銃
  • 捕鯨銃
  • もり銃
  • と殺銃
  • 空気銃(金属製弾丸を発射するものをいい、圧縮ガスを使用するものを含む。)

申請窓口

島根県防災部消防総務課
〒690-8501島根県松江市殿町1番地
TEL0852-22-5887
FAX0852-22-5930

申請・届出


お問い合わせ先

消防総務課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県防災部消防総務課 
【危険物、ガス、火薬】
  〇総務保安グループ 0852-22-5887/5888
【火災予防、防災ヘリコプター、消防学校】
  〇消防グループ   0852-22-5884/6260
【防災行政無線、消防救急無線】
  〇防災情報グループ 0852-22-5889/5890
FAX      0852-22-5930 
E-MAIL   shobo-somu@pref.shimane.lg.jp