• 背景色 
  • 文字サイズ 

職員の弁当の注文について


 

【提案No.258】 10月14日受付

 

Q. 臨時職員が職員の弁当の注文をしていると聞いたが、もしこれが事実なら即刻改めるべきである。

 

 隠岐の合同庁舎では、臨時職員が職員の弁当の注文をしていると聞いた。公費で雇った臨時職員を正規職員の完全な私用に使うことがまかり通っていることに、怒りを通り越して呆れてしまった。

 もしこれが事実なら即刻改めるべきである。そもそも自分の昼食の面倒を他人にみてもらうことに恥を感じないのか?もしこれが臨時職員の完全なる好意である場合も、注文時に使用している電話はその臨時職員個人の携帯電話で行うべきである。金額の問題ではない。私たちの血税を何だと思っているのか問いたい。

 

 

【回答】 10月31日回答

 

A.職員の昼食の注文を所属において取りまとめること等は業務ではないものの、必要最小限の範囲内であれば、職員の福利厚生の観点から許容されるものと考えています。

 

 職場において公私の区別を明確にしなければならないのは言うまでもありませんが、職員の昼食の注文を所属において取りまとめること等は業務ではないものの、必要最小限の範囲内であれば、職員の福利厚生の観点から許容されるものと考えています。

 今後とも、県民の皆様に疑念を抱かれることのないよう、これらの負担を最小限に留めつつ、特定の者のみに押しつけること等のないよう改善に努めてまいります。

(総務部人事課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年10月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025