• 背景色 
  • 文字サイズ 

2月23日のトピックス(MOA雲南地域児童作品展実行委員会)

MOA雲南地域児童作品展実行委員会のみなさんが訪問されました

【知事室】

実行委員会のみなさん

〔写真〕実行委員会のみなさん

 

「第28回MOA美術館全国児童作品展」団体の部において厚生労働大臣賞を受賞された、「MOA雲南地域児童作品展実行委員会」のみなさんが訪問されました。

雲南地域で絵画などの児童作品展を開催する同委員会。県内で初の厚生労働大臣賞を受賞したことについて、山根成二委員長は「教育委員会や高校生のボランティア、みなさんの寄付など、地域ぐるみでの活動が受賞につながったと思います」と話されました。

 

「最も大きな趣味は絵画鑑賞」と語る知事は、「子供は感じたままを表現していて、多彩な色使いなども気持ちがいいですね」と感想を述べながら、児童の作品集を鑑賞しました。

 


2017年2月23日

2月22日のトピックス(竹島の日

竹島の日記念式典及び竹島・北方領土返還要求運動県民大会

【県民会館】

式典のようす

〔写真〕式典のようす

 

竹島の日記念式典及び竹島・北方領土返還要求運動県民大会を開催しました。
12回目となる今回は、政府から務台俊介内閣府大臣政務官を迎え、国会議員、県議会議員、一般参加者など、約460人が出席。
主催者を代表してあいさつした知事は、韓国国会議員等による竹島上陸など、韓国側が竹島の占拠を既成事実化しようとする動きを強めている実態を踏まえ、政府に対し外交交渉の場で竹島問題が話し合われるよう強く要望するとともに、国際社会への丁寧な説明や情報発信の展開を求めました。
また、県が進める竹島研究に貢献していただいた方や貴重な資料等をご提供いただいた方々に感謝状を贈呈しました。
 


2017年2月22日

2月21日のトピックス(技能グランプリ)

技能グランプリの入賞者が訪問されました

【知事室】

入賞されたみなさん

〔写真〕入賞されたみなさん

 

「第29回技能グランプリ」(2/10〜2/13・静岡県)の婦人服製作職種に出場された河原知栄さんと浅野幸子さんが、大会の成績を報告するために訪問されました。
2年に一度開催される「技能グランプリ」は、建築大工や造園など様々な職種において、熟練技能者が「技能の日本一」を競う大会。この大会で、河原さんは銀賞、浅野さんは敢闘賞を受賞されました。

知事は「競技中難しいところはありましたか」などと尋ねながら、お二人から大会の様子を伺いました。

 

 


2017年2月21日

2月20日のトピックス(はぴこ)

「はぴこ」のみなさんに感謝状を贈呈しました

【知事室】

はぴこのみなさん

〔写真〕「はぴこ」のみなさん

 

縁結びボランティア「島根はっぴぃこーでぃねーたー(はぴこ)」のみなさんに感謝状を贈りました。
「はぴこ」とは、地域社会全体で独身男女の結婚を応援するボランティアのこと。「はぴこ」の活動が10年目を迎えたのを機に、多年にわたって結婚相談などを行ってこられた方をお招きしました。

みなさんから活動の様子や課題などをうかがった知事は、「人口減少の克服には、皆さんの活動が大切。はぴこの活動が広がるよう、県も努力します」と述べました。

 


2017年2月20日

2月17日のトピックス(松江第一精工株式会社)

松江第一精工株式会社と立地に関する覚書を締結しました

【県庁301会議室】

調印式のようす

〔写真〕調印式のようす

 

松江第一精工株式会社、島根県、松江市の三者で工場等の立地に関する覚書を締結しました。
同社は京都市に本社がある第一精工株式会社の子会社で、スマートフォンやパソコン等に必要な精密コネクタの国内製造拠点として、平成23年に操業を開始。今回の計画は、既存工場内の一部をクリーンルームに改造し、新たな設備の導入によって、コネクタ等の量産を行われるものです。
知事は「30名の雇用増加も計画されており、地域経済の活性化と定住促進の面からも大いに期待しています」と述べました。
 


2017年2月17日



お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp