• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県病院事業中期計画(経営健全化の取り組み)

島根県病院局では、中央病院及びこころの医療センターの2つの病院を運営し、県内全域をエリアとした高度・特殊・専門医療や救急医療などの政策医療を実施するとともに、地域医療に対する積極的な支援など県立病院として期待される役割を担っています。

 

平成19年3月に平成19年度から平成22年度の4年間を計画期間とし、病院運営の基本方針や各病院の経営目標などをまとめた「島根県病院事業中期計画」を策定し、2年ごとに見直しています。

 

平成27年3月には、現在進行中の「島根県病院事業中期計画(2013)」を、その後の状況の変化や現状の課題等を踏まえ見直しを行い、新たに平成27年度から平成30年度を計画期間とする「島根県病院事業中期計画(2015)」として策定しました。

 

また、この計画は、各県立病院の「公立病院改革プラン」にも相当するものです。

 

全国的な地方の医師・看護師不足など医療を取り巻く環境は厳しい状況にありますが、今後とも、この新たな計画を推進し、病院運営の基盤である「健全経営」を維持・推進することによって、「安全で質の高い医療」を継続して提供できるよう努めます。

 

島根県病院事業中期計画2015

 

関連情報

 公立病院改革ガイドラインに係る病院の再編・ネットワーク化(健康福祉部医療政策課)

 

島根県病院事業中期計画の達成状況

公立病院改革プランの達成状況

総務省においては、毎年度公立病院改革プランの達成状況調査を実施し、公表されています。本県の県立病院の状況については、次のように報告しました。

これまでの取り組み

 


お問い合わせ先

病院局