• 背景色 
  • 文字サイズ 

森林保護育成科

苗木の育苗・植栽から伐採までの効率的な作業技術を確立するとともに、ナラ枯れなどの病害虫の防除技術の研究と支援を行い、健全な森林の育成と林業の振興を図ります。

 

 

トピックス

森林・樹木の病虫害の診断・相談について

 

当センターでは苗畑、人工林、天然林あるいは庭園木等で発生した病害虫・気象害等による樹木の衰弱・枯死について診断を行っています。年間100件を超える診断依頼を受けています。

 

診断を希望される方は、診断用カードに必要事項をご記入・入力のうえ、依頼物件とともに直接センターにお持ち頂くか、送付してください。県内の方がご利用できます。

 

icon診断依頼の多い病虫害の一例(マツ褐斑葉枯病)

 

一例写真

 

 

糸状菌(カビ)の1種による病害で、葉が茶色に枯れる。被害が激しいと木全体が枯れたように見える。

梅雨時期の殺菌剤(有機銅水和剤)の散布が防除に有効である。庭木で発生することが多く、とくに芽摘みをした木で被害が激しい。

6月頃の芽摘みを控えると被害を抑えることができる。

 

ご不明な点等ありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 TEL:0854-76-2025FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp

 

 

 

 

主な研究分野・手法

 

写真:高性能林業機械を利用した木材生産

 

 

■森林の育成と木材生産に関する研究

■森林病害虫の予防と防除に関する研究
■公益的機能を十分発揮する森づくりの研究

 

 

 

 

平成29年度の研究課題

 

  1. 森林被害のモニタリングと管理技術に関する研究(継続)
  2. 林木育種・森林育成モニタリング調査(継続)
  3. 資源の循環利用を目指した広葉樹林更新手法の開発(継続)
  4. コンテナ苗を活用した低コスト造林技術の開発(継続)
  5. 島根県に適合した林業架線集材による低コスト木材生産システムの構築(継続)
  6. ブラックウォールナット等クルミ類の新規早生樹としての導入可能性の検討

 

平成29年度の研究課題総覧は、こちらをご覧ください

 

写真:海岸林写真:松くい虫被害にあった森林写真:高齢化した広葉樹写真:スギカミキリ被害木(スギ)写真:ナラ枯れ被害木

写真:むかって左から海岸林、松くい虫被害にあった森林、高齢化した広葉樹、スギカミキリ被害木(スギ)、ナラ枯れ被害木

 

 

研究成果


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp