• 背景色 
  • 文字サイズ 

調査研究課題

 

基本方針

 

1.行政ニーズに基づいた調査研究を進めます。

 日常生活を脅かす感染症や食中毒等健康危機管理、食品等の安全対策、生涯を通じた健康づくり対策、或いは地球環境の問題、廃棄物対策等、「健康で安全かつ快適な生活環境づくり」のための行政への要請は複雑、多岐に亘っております。当研究所は、保健・環境分野における科学的技術的中核機関としてこれらの問題に積極的に取り組みます。

 

2.客観性、透明性を高め、県民ニーズを踏まえて調査研究課題を設定します。

 調査研究課題については、専門家や県民代表及び行政委員で構成される「保健環境科学研究所調査研究課題等検討委員会」において、行政への寄与、先見性、成果の活用等を評価するとともに、県内の研究機関、大学、保健所、市町村等と連携し、県民に役立つ課題を設定します。

 

 

 

基本目標

 

 

基本方針に基づき、保健・環境分野に関する総合的な調査および研究を行うにあたり、具体的に調査研究課題を選定し、目標達成に努めます。

 

1.県民の生命、健康の安全を脅かす食中毒・感染症等に関する調査研究に取り組みます。

 

2.県民の健康増進や疾病予防を図るため、健康寿命・平均寿命の改善方策や介護予防方策、及び医療費の適正化に関する調査研究に取り組みます。

 

3.大気環境の保全を図るため、酸性雨、二酸化硫黄、浮遊粒子状物質、光化学オキシダント等の大気環境や大陸からの環境影響についての調査研究に取り組みます。

 

4.水質環境の保全を図るため、宍道湖、中海水系等や県内河川等における水質の体系的な調査研究に取り組みます。

 

 

調査研究


お問い合わせ先

保健環境科学研究所

〒690-0122 島根県松江市西浜佐陀町582-1
tel:0852-36-8181
fax:0852-36-8171
hokanken@pref.shimane.lg.jp